2014/03/31/Mon

九七式狙撃銃全身

Vショーの報告をしたいところですが、どうしても九七式を撮りたくて撮ってしまったのでそちらから。
三八式改狙撃銃とは違い単脚を装備しているのが大きな特徴

スコープは九七式狙撃眼鏡
倍率 - 2.5倍
実視界 - 10°
射出瞳孔径 - 4mm
対物鏡有效径 - 10mm
瞳孔距離 - 30mm
重量 - 約650g
全長 - 175mm
射距離分画 - 0-1,500m
方向分画 - 左右0-20mil


で、覗いてみました! 独特のミルが新鮮 明るい!
重くて斜めになって、スマフォのカメラがうまくあわなくてすみません! 雰囲気がつたわってくれるとよいとおもいます!

しかも装着方法がすごい、なんかすごい。板バネをおして装着レバーで固定なんですが
ドイツのZF41スコープなどよりすごいのではないだろうか!?と感動しました。
こんど詳しくレポートします。
実物のスコープは、東京第一陸軍造兵廠のほか、日本光学(ニコン)・東京光学機械(トプコン)・東京芝浦電気(東芝)・高千穂光学工業(オリンパス)・富岡光学器械製作所(京セラオプテック)・榎本光学精機(富士フイルム/フジノン)・日本タイプライター(キヤノンセミコンダクターエクィップメント)等で生産

狙撃眼鏡自体は射手視点から左斜上にオフセットされる。そのため狙撃眼鏡の使用が適当ではなくなる近接戦闘時や、狙撃眼鏡破損時には通常の小銃と変わらず照星・照門での照準が可能
使用実包:6.5mmx50SR弾

帝国陸軍において基本的に狙撃銃は一般の歩兵中隊内の選抜射手によって使用されるため、九七式狙撃銃は既存の三八式歩兵銃や九六式軽機関銃を擁する三八式実包装備部隊に、九九式狙撃銃・九九式短狙撃銃は九九式小銃・九九式短小銃や九九式軽機関銃を擁する九九式普通実包装備部隊で運用

と簡単にガスガンとしての性能も後日レポートしてみます!
Vショーの差し入れ 最近のあたしの事をみていてくれるせいか?
SATマガジンとTUFFのベルトを差し入れていただきました!
ちゃんと活用しないと!






タグ :タナカTANAKA

同じカテゴリー(装備)の記事画像
九八式軍刀
サンワサプライのパソコンバック
64小銃用擲弾
AK74M
F2000を超電磁砲仕様に
トレポンM4 ギアログ
同じカテゴリー(装備)の記事
 九八式軍刀 (2016-07-08 21:40)
 サンワサプライのパソコンバック (2016-07-07 17:36)
 64小銃用擲弾 (2016-02-16 15:07)
 AK74M (2016-01-07 11:41)
 F2000を超電磁砲仕様に (2015-11-24 22:45)
 トレポンM4 ギアログ (2015-11-17 22:05)

Posted by ふりーだむあらいあんす!  at 17:26 │Comments(5)装備


この記事へのコメント
良い色しているね(*´ω`*)
やはり、ディティール面でも、モデルガンかなぁ…
Posted by suzutak at 2014年03月31日 17:37
これガスガンですよ!
Posted by 軍神!みやじまゆうこ軍神!みやじまゆうこ at 2014年03月31日 18:30
そーなんだ!凄いね(^-^;
特にスコープの色と形状に惚れた( *´艸`)
Posted by suzutak at 2014年03月31日 19:24
(俺の)ZF43にはメモリは無い(;・∀・)
単焦点ではないので(笑)、勿論調整はできるので、射手の腕が試されるところなのかな。
Posted by suzutak at 2014年03月31日 19:29
きれいな97式狙撃銃ですね!
銃床は、自分で磨いたの?きれいな仕上げです!
Posted by ユロ at 2014年03月31日 20:51
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。