2012/12/27/Thu

実パーツ多数のトレポンとG&P

G&P M16A4と実パーツ多数装着したトレポンM16A4を並べてみた。

ACOGM150RCOとリフレックスは、両方とも実物



何人かに見せてみたけど解るヒトには一瞬でやっぱり見分けが付いてしまうんだなあ。。。


C83 1日目 東地区“ペ”ブロック-26b


人気ブログランキングへ




同じカテゴリー(装備)の記事画像
九八式軍刀
サンワサプライのパソコンバック
64小銃用擲弾
AK74M
F2000を超電磁砲仕様に
トレポンM4 ギアログ
同じカテゴリー(装備)の記事
 九八式軍刀 (2016-07-08 21:40)
 サンワサプライのパソコンバック (2016-07-07 17:36)
 64小銃用擲弾 (2016-02-16 15:07)
 AK74M (2016-01-07 11:41)
 F2000を超電磁砲仕様に (2015-11-24 22:45)
 トレポンM4 ギアログ (2015-11-17 22:05)

Posted by ふりーだむあらいあんす!  at 06:57 │Comments(5)装備


この記事へのコメント
G&Pはグリップがね~
G&Gはダミーボルトカバー連動モデルが出たみたいですね。
Posted by お父さん at 2012年12月27日 08:22
グリップ・・・ふむ
ちなみに実際みれば違うのわかるけど。
この写真1枚で区別つくといういみね。
Posted by 軍神!みやじまゆうこ軍神!みやじまゆうこ at 2012年12月27日 08:53
G&PはFN刻印だし、オートの刻印もバーストに変更してあるからでしょうか?…
Posted by NOCCHI at 2012年12月27日 15:08
トレポンもA4タイプフレームなのでFN刻印でバーストになってます~
Posted by 軍神!みやじまゆうこ軍神!みやじまゆうこ at 2012年12月27日 21:38
奥がとれぽんッスね。
クラッシュワッシャーの色とレシーバー刻印が無着色な所がポイントですねぇ。
モデルショップpapaぽんなんで、わかりやすいッス。
Posted by 毒様。 at 2012年12月28日 08:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。